fbpx

fc columnFCコラム

FC本部によるフランチャイズシステムの教育プログラムとは

順調に加盟店が集まり、晴れて開店の運びとなり、フランチャイズ展開のスタートを切れたとしても、FC本部の役割はそれで終わりではありません。
スタートしたばかりの加盟店は、そのビジネスで売り上げや利益を稼いだわけではなく、まだ素人の域を脱していません。

FC本部としては、開店後から加盟者を優秀な経営者に育てていかなければならないのです。
今回は加盟者を経営者に育てるための研修について触れていきます。

大手FC本部に見る教育プログラム

大手FC本部は、加盟者を優秀な経営者に育てるために多くの資金を投入して加盟店研修を実施します。
なぜなら加盟者を教育し続けることが、チェーンの発展に欠かせないからです。
だからこそ決してここに手を抜きません。

以下、大手で実施されている加盟店研修を紹介します。

加盟店向けセミナー

まず商品発表会や加盟店向け経営方針発表会が毎年開催されます。
前期・後期と年に2回開催されることも少なくありません。

単に新商品や新サービスの紹介で終わらせるのではなく、その場で新商品や新サービスのコンセプトをしっかり説明するのと同時に、新しいオペレーションを習得する場ともなります。
そのためにセミナーという形を取ります。

店長勉強会

これは地域毎に開催されます。
加盟店オーナーというより、実務で店舗運営を任されている“店長”を中心に開催されるものです。

店舗運営において、より実務に近いレベルでの研修内容です。
売上に直結することが主眼となり、近年では人手不足問題の深刻化から人材教育に力点を置くことが多くなっています。
店長勉強会で取り扱う内容の一例としては、以下のようなものがあげられます。

・人事管理
・店舗スタッフの育て方やスタッフとのコミュニケーションの取り方
・発注の考え方
・売り場づくりの基本
・売上・利益管理
・販売方法
・予約獲得

スタッフ育成プログラム

次に店舗スタッフのスキル向上や時給アップのためのプログラムです。
店舗の売上に貢献してくれるスタッフなので、そのために報いる方策が必要です。
スタッフのレベルに応じたチェーンオリジナルの資格制度や昇給制度は、本部として制度化しておくべきでしょう。
スタッフ育成プログラムの一例としては以下の内容があげられます。

・新人スタッフ研修
・半年経験研修
・主力スタッフへのステップアップ
・店長候補研修

SV研修

そして加盟店研修の後に欠かせないのが、SVによる加盟店へのフォローアップです。
研修で学んだ内容を実践でS Vがリードしながら“定着”へ進める工程です。

これがなければ研修で学んだ内容は確実に忘れます。
社外研修や社外セミナーで学んだことを翌週にはすっかり忘れ、業務に活かせていないことは、多くの方が経験していることでしょう。
時間と労力、資金を掛けて実施した研修を無駄にしないために、S Vがフォローし続けることが大切なのです。

その教育者としての役割も担うS Vもまた、定期的な研修が必要です。
新しいオペレーションの習得は勿論、世の中の変化や商品知識、教育者・指導者としてのスキル向上、他店の成功事例共有など、やるべきことは沢山あります。

キャリア開発プログラム

ここでもう一つ付け加えたいのが、加盟店オーナーや店舗スタッフのキャリアプランです。
目標もなく、ただオペレーションをこなしているだけでは加盟店も張り合いがありません。

加盟店オーナーであればどれだけの多店舗展開や収益を目指すのか。
スタッフであればどういったスキルを身につけたいのか。
SVもオーナーと一緒にスタッフとの面談に参加するのもいいでしょう。

さらに店舗スタッフの教育は、FC本部にとっては大きなメリットがあります。
それは店舗スタッフが新しい加盟候補者にもなり得るということです。

新たな加盟者を募るのも非常に難しい時代です。
実は、大手のFC本部にとっても店舗スタッフは加盟候補者の大事な担い手と捉えられており、新規加盟者数の大きな割合を締めるようになっています。

オペレーションを既に習得できているスタッフであれば教育もスムーズですので、FC本部にとっては濡れ手に粟ともいえる状況なのです。
加盟金免除などのスタッフの独立支援制度も充実させています。

人を育てるのは大変な苦労があります。
しかし育てることができれば大きなメリットを享受できます。
なのでFC本部は、この教育や研修には投資を惜しまないで頂きたいものです。

まとめ

売上や利益を獲得することは最終的な目的です。
その目的を達成する上で、FC本部にとって最も大きな課題は加盟店をいかにグリップできるかなのです。

グリップできる本部は新しい施策や取り組みの展開スピードが早くなります。
逆にグリップできなければ本部の考えるあるべき姿がなかなか浸透しません。

そして加盟店をグリップするためのポイントは、やはりFC本部による人材教育なのです。
加盟店オーナーを育て、店長を育て、スタッフを育てることが加盟店をグリップする近道なのです。

如何に計画的に教育していくのか、そういったプログラムはFC本部にとっては欠かせないのです。
自社の発展のためにも加盟店教育プログラムは、毎年ブラッシュアップしていく必要があると言えます。

無料資料ダウンロード

FC本部立ち上げを進めていく際の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ページへ

無料個別相談のご案内

FC展開に関するお悩みやご相談について、無料でご相談をお受けしています。

個別相談に申し込む