fbpx

fc newsFCニュース

卓上レモンサワー設置型焼肉酒場「焼肉ホルモンたけ田」がFC展開スタートへ

埼玉県と東京都で飲食店と仕出し・宅配事業を手掛ける株式会社ミナモトが、コロナ禍においても業績堅調な全卓上レモンサワーサーバー設置型焼肉酒場「焼肉ホルモンたけ田」のフランチャイズ展開を開始することを発表しました。

■関東での「卓上レモンサワー設置型焼肉酒場」パイオニア
関東で「卓上レモンサワーサーバー設置型焼肉酒場」を初めて出店したパイオニアである株式会社ミナモトは自社の2年ほどの直営運営経験と実績により、同業態での高収益化のポイント、深堀りに成功。その実績を元に全国のより多くの方々に楽しんでいただくために、300店舗を目標にフランチャイズ展開をスタートさせる。類似業態が増える中でパイオニアとしての矜持を持ち、コロナ禍でも安心安全を保てる店としてお客様に愛され、地域に根差すエンターテイメント大衆焼肉の出店を加速させる。

出典
2021年3月9日 PR TIMES
関東で初めて全卓上レモンサワー設置型焼肉酒場を出店した『焼肉ホルモンたけ田』が焼肉全品ほぼ380円以下の品揃えで「蛇口からレモンサワー」を60分500円飲み放題で提供する同ブランドのFC展開を開始!

「焼肉ホルモンたけ田」では、焼肉メニューのほとんどを380円以下に抑制していることに加え、「蛇口からレモンサワー」を60分500円飲み放題で提供するなど、圧倒的なコストパフォーマンスの高さをウリにしています。
それにもかかわらず、原価率35%、人件費率18%とFL比率を53%に抑制し、高い収益性を実現しています。
初期投資も最小限に抑制し、居ぬきを活用した直営店舗では、なんと7か月での投資回収に成功しているそうです。
この収益性の高さは、FC加盟者にとって魅力的でしょう。

ただし、発表にもある通り、同業態で気になるポイントは、“類似業態の出現”です。
「卓上レモンサワー設置型焼肉酒場」というキャッチーなコンセプトに目が惹かれますが、このコンセプト自体は、ある程度の資本がある会社であれば、比較的簡単に模倣できるように思います。
そのため、「卓上レモンサワー設置型焼肉酒場」というコンセプト自体は、同業他社に対する本質的な差別化要素にはなりえません。

似た事例として、過去には居ぬき物件の活用+サラダバーというモデルで一世を風靡したステーキチェーンがありましたが、瞬く間に大手チェーンに模倣され、あっという間に競争優位性が失われてしまった例があります。

類似業態が増えてきたときに、同業態に問われるポイントは「焼肉店としての高い商品力とコストパフォーマンス」を実現するノウハウでしょう。このノウハウの完成度が、同業他社との本質的な差別化要素になるのではないかと考えます。
フランチャイズ加盟を検討するにあたっては、このノウハウを十分に確認し、加盟判断をする必要があるように思います。

コロナ禍における数少ない注目の飲食フランチャイズ本部として、今後の動向が注目されます。

無料資料ダウンロード

FC本部立ち上げを進めていく際の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ページへ

無料個別相談のご案内

FC展開に関するお悩みやご相談について、無料でご相談をお受けしています。

個別相談に申し込む