fc columnFCコラム

FC加盟店の心を掴む開業時におけるFC本部とSVの役割

加盟店は、個人であれば人生をかけて、法人であれば企業の命運をかけてFC加盟し、明るい将来や事業の成功を期待して、高いモチベーションで開業に臨みます。
ですから最もモチベーションが高いのが開業時なのです。

不慣れな店舗運営への不安と高揚した気持ちが交錯し、緊張感が高まっています。
この精神状態をコントロールするのは、担当SVの役割です。

加盟店のモチベーションは開業時が最も高い

不慣れなオペレーションで不安を抱えながら加盟店は店舗運営をスタートします。
お客様が来店してくれるのか、目標としている売上や利益が確保できるのか、同時に店舗をうまく回せるのか等、不安は絶えません。

そして不安を抱えながら、極度の緊張感で開業を迎えているこの時が、加盟店の最もテンションが高いタイミングです。
と同時に、FC本部にとっては、SVが適切にリードすることによって、加盟者を正しい方向へ向かわせることのできる重要な時期です。

つまり開業時のスタートダッシュが、今後の加盟店の業績やモチベーション含め、店舗運営の行方を左右するのです。
長期に渡り良きビジネスパートナーとして、本部と加盟店が共存共栄できる体制を維持できるかどうか、開店時におけるSVの力量と姿勢が本当に重要です。

「鉄は熱いうちに打て」が鉄則です。
加盟者に「良きビジネスパートナー」となっていただくよう、良い意味で洗脳できるタイミングなのです。

信頼関係を維持できるかは開業時のSVにかかっている

開業時は、店舗オペレーション、スタッフ教育、陳列の工夫、接客等のQSC指導、商圏への営業活動など、あらゆることがSVの守備範囲として求められます。
不安の多い加盟者は何でもSVへ質問し、頼ってきます。

頼れる存在がSVしかいないわけですから当然です。
加盟者にとって、開業時のSVは神様のようにも思えるのです。

今後の加盟店指導において、SVがイニシアティブを握り、スムーズな加盟店指導を行うために、「開業時のSV」は、全身全霊で加盟店指導に取り組まなくてはならないのです。

当然、SVには精神的にも体力的にも負荷がかかりますが、いい意味でこれから加盟者を「良きビジネスパートナー」として方向づけていく絶好の機会と捉えていただきたいものです。

開業までの準備は基本的に本部の責任です。
完璧な店舗を作り上げ、売上を確保できる体制で加盟者に引き継がなければなりません。
商品・備品・清掃道具・什器・清掃・営業許可・スタッフ募集・開業前販促など、全てが完璧でなければなりません。

その為、開業を任されるSVは失敗が許されず、こちらも極度の緊張感です。
SVの疲れもピークに達した時に開業を迎えます。

そして真剣に取り組んだSVは、息つく暇もなく体力の限界と戦いながら、次は売上との戦いに挑まなければなりません。
常に加盟店はSVの背中を見ています。

なのでSVは加盟店が無事オープンするまで、全く気が抜けません。
大手コンビニチェーンの開店セレモニーでは、感極まるSVもいるほどです。

思うような売上に達しない不安との戦い

スタート時に売上が高いとは限りません。
販促活動の成否に関わらず、立地によっては時間の経過に比例して売上が上向く店舗もあります。
つまり元々、時間をかけて売上を伸ばしていくタイプの立地と言えるでしょう。

しかしここで、加盟店が最初にモチベーションを下げるタイミングが訪れます。
このタイミングでSVとFC本部が適切なフォローを行うことが重要です。

サービスに自信があり、百戦錬磨のSVであっても、一気に売上が上がるような商売はありません。
ここはしっかりと加盟店に寄り添い、自分を信じて施策を打ち続け、加盟店を励まし続けられるかが重要です。

ここで加盟店を放置すれば一気に加盟店のモチベーションはダウンします。
加盟店のモチベーションの源泉は、売上や客数だけではないのです。
FC本部やSVが、どれだけ真剣に自店に向き合ってくれているのかを加盟店は見ているのです。

まとめ

開業時の出来事は加盟店にとって強烈なインパクトを持っています。
この時の出来事は鮮明に覚えており、その後のFC本部に対する姿勢へとつながります。

なので、開業時のSVがいい加減な対応をしていると、加盟店は一生そのことを覚えています。
そして折に触れ、恨み言を言い続けるのです。
逆にスタートが思うような売上でなかったとしても、親身に対応したSVのことはずっと想い続けるものです。

開業準備は、店舗のあるべき姿を具現化する作業です。
店舗運営に必要な要素が全て詰まっています。

中小FC本部にとっても、開業準備はSV教育をする最高のツールであると捉えていただきたいと思います。
OJTで上司や先輩社員も一緒に取り組めば、出店に比例して優秀なSVが育つのではないでしょうか。