fc columnFCコラム

新型コロナ危機を乗り越えるためのフランチャイズ本部の危機管理

昨年12月に発生が報告された新型コロナウイルスが、グローバル規模で猛威を振るい、加速度的に経済への悪影響を及ぼしています。
日本政府が、全国の小学校・中学校・高校などについて、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請するなど、まさに未曽有の事態といえます。

この危機的状況に対して、FC本部は強いリーダーシップを発揮し、加盟店を守っていかなければなりません。
そこで今回は、突然発生する災害等のリスクに対する危機管理、FC本部としての役割について考えてみたいと思います。

FC本部に求められる“親”としての役割

FCビジネスにおいて、仕組みを構築するフランチャイザーと、その仕組みを活用して利益を上げるフランチャイジー…

続きは常進パートナーズ公式サイトでご覧ください