fc columnFCコラム

加盟店の滞納リスクを抑制するためにFC本部が担うべき役割

加盟店は独立した事業主ですので、事業を行う上で当然に納税義務があります。
しかしながら、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響による急激な売り上げの低迷で、税金が払えないケースも増えてきています。

コロナ禍においては、事業者の努力では防ぎようのない外部要因であるため、国も支払猶予などの支援措置を用意しています。
現状、資金繰りが苦しいのであれば、税務署や行政に相談することも一つの手段です。

しかし、税金は法的に決められた基準以外では決して免除されるものではありません。
経営破綻を招いたとしても、債権より優先して徴収…

続きは常進パートナーズ公式サイトでご覧ください