fc newsFCニュース

新型コロナの影響でeラーニング市場が拡大。FC本部にとってはチャンスとなるか。

新型コロナウイルス感染症の影響により、リアルからオンラインへの移行が加速しています。
矢野経済研究所は、2020年度の国内eラーニング市場規模を、前年比4.5%増程度になると予測しています。

調査会社の矢野経済研究所(東京・中野)は2020年度のeラーニング国内市場規模が前年度比4.5%増の2460億円になるとの予測をまとめた。新型コロナウイルス感染拡大で遠隔地での教育の需要が高まり、法人向けと個人向けの双方で利用者数が増えると分析した。
出典: eラーニング市場4.5%増、20年度新型コロナで。2020/06/3 日経MJ(流通新聞) 7ページ

新型コロナウイルス感染症の影響により、対面での教育サービス提供が困難となる中、その代替サービスとしてeラーニングが採用されているようです。
オンラインによるサービス提供が急速に浸透していますので、この流れは今後も続くことが想定されます。

この流れは、ノウハウをビジネスの源泉とするフランチャイズ本部にとっては、新規サービスを立ち上げるチャンスとなるかもしれません。
具体的には、本部が保有するノウハウを生かしたオンライン教育サービス事業を立ち上げること等が考えられます。

加盟者へ提供する教育サービスのうち、チェーン以外の第三者に公開してもいい部分をサービスとして提供していくイメージです。
例えば、ラーメンチェーンがラーメン店での開業を目指す起業家に対して「ラーメン店経営を成功させるためのポイント」といった内容を、オンライン上で提供していくことが考えられます。

フランチャイズ本部であれば、加盟者を対象とした教育研修システムがあるでしょうから、それをベースとすれば、サービスをつくり込むことは難しくないでしょう。

これをリアルで開催する場合、開催の手間やコスト、集客の問題が生じるわけですが、オンラインの場合には、開催の手間やコストは減少しますし、集客についてもエリアに関わらずに参加することが可能なため、リアルと比べれば断然にリスクを抑制することが可能です。
また、オンラインサービスであれば、今後、新型コロナ騒動のような事態が発生した際にも、サービス提供を継続できる点も魅力といえるでしょう。

「コロナ後を見据えて複数の事業の柱を立てる」という意味でも、FC本部にとっては魅力的な選択肢といえるのではないでしょうか。